Days 

アクセスカウンタ

zoom RSS 硝子の少年たち 36 -Pink編-

<<   作成日時 : 2006/12/03 21:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

部屋に戻るとすぐにバスルームに駆け込んだ。




体の中にある汚いもの全てが、そこに吐き出された……。




何度も何度も水を流した。




だけど、まだ、ぼくの体の中に、澱んだ何かが残っているような気がした。




着ていたものを全て脱ぎ、頭からシャワーを浴びた。




何度も何度も頭を洗い、顔を洗い、体を洗った。




疲れた………。




だけど眠りにつくことが出来なかった…。


だから、ひと晩中、ドーモトくんの動きを眺めていた。

ドーモトくんは小さな前足と後ろ足を動かして必死にくるくるとはしごを回転させていた。

けれど、彼は一歩も前に進んじゃいない。

同じ場所で同じ動きを繰り返しているだけだ。




ぼくのように………。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
そうかぁ・・・ショックだったね?
それは触られたショックというよりは、やっと心を開くことの出来た堂本くん(オミ)にさえ拒絶反応を起こしてしまった自分が哀しかったし、つらかったんだよね?
それは、深い深い心の傷だから、今は、ありのままのミィでいいんだよ・・・。発作(?)がでてしまうのも全て受け入れて、これから強くなってほしいな・・。
SHINE
2006/12/03 22:25
『同じ場所で同じ動きを繰り返しているだけ…。』
うん。きっと誰もが思うことですよね。でも、同じ場所で諦めて立ち止まってしまうより、少しでも進もうと前を向いていくことが大切な気がします。もちろん、時には休みながら!SHINEさんのおっしゃるように、そうすればいつかきっと、周りの人も自分自身も受容できる日が必ず来ると思います。
ミィの傷深いですね…。でも、傷が深い人ほど、人の心の苦しみや辛さを理解することができるし、その分人に対して優しくなれると思います。ミィ、自分をあまり追い込まないでね…。
モモ
2006/12/04 09:28
ミィ・・・大丈夫だよ。
桜さんは君の側にいて ちゃんと見ててあげるから・・ね☆
愛戦士桜
2006/12/04 23:24
体の中の汚いもの全て…人である事を続ける限り、汚いものは生み出され続けるンだよね。悲しいけど。
ミィの心の傷。オミと出会って、少しは前に進めたと思っていただけにSHOCKも大きいんだろうけど、少しずつ、少しずつでイイんだよね。ドーモトくんだって進んでないように見えるけど、進んでるはず。自分に言い聞かせながら読んでます。おかしな読み方で、ごめんなさい。
てるひ
2006/12/04 23:37
…そ…そこまで…。触れられた相手がオミでも…それは関係ないのねぇ…(涙)
ミィは、同じ場所で同じ動きを繰り返しているだけじゃないと思うにゃん♪オミに出会って、オミには握手とかなら平気だったじゃないか…。少しずつだけど、きっと前進しているのだぁ〜!大丈夫よぉ〜!
チビにゃん
2006/12/05 18:39
SHINE♪ なんかうれしいよ。こっちの思う以上のことを読み取ってくれて。しかもキーワードもしっかり捕まえてるし。この先も楽しみにしていてね。ありがとう♪
Rain
2006/12/05 20:41
モモちゃん♪ありがとう。ちゃんとミィの本質(いいところ)を見抜いてくれて。そういうシーンもご用意してありますので、お楽しみにね♪
Rain
2006/12/05 20:43
愛戦士桜♪うん、見ていてね。あ、あたしじゃなくて、ミィね?まだまだ試練は続くけど息子、しぶといです!
Rain
2006/12/05 20:44
てるひちゃん♪濾(ろ)っていうんだそうですよ。穢れっていうのかな?無意識のうちに自分の中の何かを否定しているのかもしれません。おっ?今、また閃いたぞ!
サンキューですー♪
Rain
2006/12/05 20:48
チビにゃん♪その言葉をミィに届けてあげたい。たぶん、気付いてないだろうけど…君もかなり鋭いところを突いてるにゃん。ほんと、みんな、ありがとうね!
Rain
2006/12/05 20:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
硝子の少年たち 36 -Pink編- Days /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる