龍の涙・鏡の血51 怪の章(10)

それを合図に無数の矢が背後から放たれた。


ミラーはそれらをたくみに避けて走った。と、突然、片足を取られ、逆さになったまま、引き上げられた。

うわわわわわぁぁっ!? 

ミラーは仕掛けられた罠にはまってしまったのだ。

「ったく…!こんなもんがあるなら、あるって、言ってといてく…れ?」

木の幹に吊り下げられ、逆さまになったミラーの眼に信じられない光景が飛び込んできた。
顔を隠し、黒装束に身を固めた者数人が、こちらに向かって弓を構えていたのだ。

「何者だ!お前たちは!?」

だが、彼らは一切、言葉を発せず、きりきりと弓を引いた。ミラーは背負った矢に手を伸ばしたが、一本もなかった。逆さまに吊り上げられたときに全て地面に落ちてしまったようだ。

「くっそぉ……!」

ミラーは脇に差した小刀で足にからみついた縄を切ろうとした。と、断末魔の叫び声がミラーの耳に届いた。さきほどの黒装束の集団の方からだ。

「なんだ……あれは……!?」

成人男性二人分はゆうにあると思われるほど大きな蜥蜴に似た怪物が、その黒装束のひとりをその鋭い爪の前足でがっちりと押さえ、大きな口を開けていた。

「あれが……斑狩人(はんたー)……?」

全員、退却っ!! 」

黒装束の集団は仲間のひとりが捕まっているというのに、斑狩人の姿を見るやいなや、逃げ去ってしまった。

「……薄情な奴らめ……」

ミラーは体を折りたたんで起こし、足についた縄をほどくと、枝へのぼり、上から様子を伺った。黒い皮膚に赤い斑点をつけた奴は、次の獲物を狙うためか、再び歩き出した。それは確実にミラーのいる方向だった。ミラーはぎりぎりまで待つことにした。ひきつけてから、斑狩人(はんたー)の頭を小刀で突き刺してやるつもりだった。

その大きな足音とミラーの鼓動が重なりはじめた。その音がぴたりと合ったとき、

でぇぇぇぇぇぇぇぇぃっ!

ミラーは斑狩人(はんたー)の頭めがけて飛び降りた。

が、斑狩人の皮膚はぬめぬめとしていて、ミラーはそのまま、つるりと滑り落ちてしまった。斑狩人は、とまった虫を追い払うかのようにその尾を振った。長い尾は鞭のようにしなり、ミラーの体に打ち付けられた。

くぅぅぅぅっ!

地面に転がるミラーを見つけた斑狩人(はんたー)はぐわぁぁぁっと大きな口を開け、襲い掛かってきた。ミラーはとっさに背中の弓を取り、奴の口に縦に嵌め込んだ。

!?

斑狩人(はんたー)は首を振って、それを外そうとしていた。その隙にミラーは小刀を奴の腹めがけ、深く刺した。斑狩人が雄叫びをあげた。

やった!

ミラーは思った。が、ほぼ同時に頭上から、ぱらぱらと、木の破片が落ちてきた。

斑狩人(はんたー)はその強力な顎で弓を噛み砕いていたのだ。斑狩人は腹に小刀を突き立てたまま、再びミラーに向かって、口を開いた。ミラーの剥き出しになった肩にぽたりと斑狩人(はんたー)の涎が落ちた。

ミラーは凍りついた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

WAO
2007年11月28日 21:51
謎の集団に襲われてる途中に斑狩人が現れるなんて…
ろくな武器も持ってないのにどうすんねんやろう?
逆さまになった時に矢を全部落としちゃったのが悔やまれるね(-_-;)
愛戦士桜
2007年11月28日 23:16
うわー化け物に助けられたように見えるけど…激ヤバピンチやね!!!!@@;
まさか自分がさかさまになるなんて予想外だったね…^^;弓も壊されちゃったし、小刀しか武器がないのに丸腰状態ではさすがのミラーもビビるよね。
ふたりが到着するまでがんばって!!!!!

チビにゃん
2007年11月29日 19:11
ミラー様…良くも悪くも、一つのピンチは、はんたーに助けられたみたいね。
でも…ろくな武器を持ってないミラー様には、そのはんたーを倒すことが難しそう…(^-^;
大丈夫かな…。もう~ヒヤヒヤするぅ~っ!!
やっぱり、はんたーは恐ろしかぁ~!
Rain
2007年11月29日 20:54
WAO★偶然か必然か…?いろいろなことが複雑にからみあってる…と思ってください(笑)ミラーは実物を見た事がなかったのでね、認識が甘かったようですな。
自信過剰気味…ともいう(笑)って、笑って場合じゃないんだよー!ミラーさんちょいびびってます!
Rain
2007年11月29日 20:58
愛戦士桜★これもミラーの運の強さが導いたこと?
ひとりできてしまったこと、ちょっと悔やんでいるかもしれない。でも、今はそれすらも考えられない!
ミラーさん、頭、真っ白ですがなー!
Rain
2007年11月29日 21:01
チビにゃん★足を縄にとられ、逆さまになっている姿…ふふふ♪このシーンは某舞台の神殿のシーンをご想像下さい(くるくる回りはしないけど…)絶体絶命のミラー。でも彼は強運の持ち主!ほら聞こえてこない?勇者の足音が……♪
2007年11月30日 14:57
黒装束の集団と斑狩人。
同時に出てくるなんて、それは虫がいい話。
裏があると見た。
黒装束の集団のほうが気になるなぁ。
ミラーさま。さすがに一人では戦えない?
Rain
2007年11月30日 20:28
SHINE★ほんといきなりの展開で(汗)まぁ、これは後々の伏線ということで(バラしてどーする(^^ゞ)
ヒーローになるって難しい!彼も気付いたはず。これまでも自分だけの力で勝ってきたのではないことに。
2007年12月02日 17:18
ミラー王子の「こんなもんがあるなら、あるって、言ってといてく…れ?」に笑いました。
ご自分の命が危うい時に「……薄情な奴らめ……」って。お茶目で、豪快。このキャラに惚れ惚れしちゃった。確かに彼なら、部下を見殺しにしたりしないですよね。
コメントを読んでて「!」って思ったんだけど、斑狩人(はんたー)を操る者がいるって事ですか?そうだとしたら、それこそが真の敵?
上橋菜穂子著「獣の奏者」って本をちょっと思い出した。
…にしても。ぬめぬめしてて黒い皮膚に赤い斑点って。自然界にそんな怪物がいる???
Rain
2007年12月02日 19:53
てるひちゃん★逆さ吊りになってしまった自分が恥ずかしくて…つい出ちゃった発言(笑)彼の中で緊張と弛緩がいい具合に保たれてるんでしょうね。それが出来るうちは彼に分がある。私はてるひちゃんのコメント読んでて「!」と思ったよ。真の敵か…。考えようによって、その存在はそうなのかもしれない。あ~これだから物語をつくるのやめられまへんな~♪と、ひとりで楽しんでいる…ヽ(^o^)丿

この記事へのトラックバック