龍の涙・鏡の血61 血の章(3)

それは、ほんの一瞬の出来事であった。

イクタ准将の「撃て!」の命令前に一発の銃声が響いた。

と、銃を構えていた兵士、四人がミラーの眼の前で、ほぼ同時に倒れていった。

お前!?何をっ!?

そしてもう一度、銃声が響き、イクタ准将が落馬した。

四人の兵士はみな、こめかみを打ち抜かれていた。イクタ准将は額の真ん中に銃弾の後があった。マーティは銃を構えたまま、四人の兵士とイクタ准将が息絶えているのを確認すると、ミラーの元へと向かった。

「ミラー将軍。数々のご無礼、お許し下さい」

★※▲◇(-_-メ)!?(@_@)☆彡Φ!!!

「それもこれも、すべてあなたを助けるためです。どうか、どうか、ひと言、許すと……」

!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/!!

「……?……あっ!そっか!た、ただいま!」
マーティ少佐は大慌てでミラーの縄をほどき、口を覆っていた布を取り外した。
「……ま、マーティ……少佐!」
「はっ!」
「見事な働き、恐れいった!感謝する!」
「ありがたきお言葉にございます!」
マーティはその大きな瞳をうるませながら、笑顔を見せた。


野外演習でミラーが忽然と姿を消した。軍は一時、騒然となった。マーティら新兵たちの間には、亡命、誘拐、暗殺など、様々な憶測が流れた。そんな中、軍がまず取った行動は、ミラー失踪についての緘口令だった。彼が不在であることは国の民はもちろん、諸外国にも秘密にするという命令が降された。
「私にはそれが不思議でなりませんでした。まず、最初にするべき事は、ミラー将軍の捜索ではないのですか?」
「……マーティ少佐。政治とはそういうものなのだ」
国を治めるべき人間に不測の事態が起きたとき、次の政権の準備が整うまで、そのような発令を出し、時間稼ぎをする。そうしなければ、国の不安をあおり、その隙を諸外国に突かれてしまう。危機管理対策のひとつとして重臣たちは、それを実行しただけだ。
「私が言いたいのは、そういうことではございません!軍…いえ…国があなたの捜索活動をただの一度も行わなかったということです」
「ただの一度も…か……つまりそれは、私を見捨てた…と、いうことか…」
「……あなたが失踪した時点で、あなたは死んだ人間として扱われたのです」
それから重臣たちは対外的には何事もなく振舞うその裏で、政権交代に向け、あれこれと大きく動いた。重臣のほとんどは元摂政の息のかかったものになり、当然、軍の総指揮権もトーヤ将軍へとうつった。
「トーヤが将軍?……そ、それでは父上は?国王はどうされた?」
マーティ少佐は目を伏せた。長い睫毛がふるえていた。
「……どう…した?父上はどうされた!?」
「おかくれに…なりました…」
ミラーの姿が消えたとわかったとたん、廃人同様となり、そのような姿を民に見せられぬと、摂政がどこかへ幽閉してしまったという。そこでひっそりと息を引き取ったようだ。
「嗚呼!」
ミラーはがくりと頭を垂れた。自分が龍の国で夢のような、心地よい暮らしにひたっている間、父は悲しみ、苦しみ、たったひとりで逝ってしまった。逝かせてしまった!

なぜ、なぜもっと早く戻らなかった!このばか者が!!!

「そんなときです。あなたが生存しているという知らせがとびこんできたのは…」
いよいよ新政権誕生というときに、ミラー王子が龍の国というところで生存しているという知らせが、東の国の使者からもたらされた。だが、それを知っているのは、摂政とごく一部の重臣と、軍の特命部隊といわれているものだけだった。
「特命部隊?」
「えぇ…軍の中でも、ある目的のために、特に秀でた能力を持つ者によってつくられた部隊です。そこに転がっている連中は、みなそうです」
「では…マーティ少佐も?」
「はい…私も、その部隊におりました」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

愛戦士桜
2008年01月18日 21:25
イクタ准将はやっ!!!@@;
マーティが裏切るとは思ってなかったよー。
そっか、国王は哀しい生涯だったね…すべてはあのときに始まってしまったのだけど…。
ミラー王子、たったひとりのお父さんだもんね、胸が痛むね……そんなときに彼女にそばにいてほしいよね…。でも王子はひとりじゃないから、頑張って!
チビにゃん
2008年01月19日 00:02
さすがマーティ!立派になったね♪よくぞ王子を助けて下さいました。裏切るのは勇気がいったでしょ…。戦場から逃げようとしたくらいだったのにね。成長が嬉しいよ(笑)
やっぱり…鏡の国は、恐れていた事態になってたかぁ(>_<)
王様も、亡くなられていたのね…。
自分が早く戻って来ていたらと…後悔する王子…可哀相だぉ~(T_T)
でも…剛龍様たちに出会えたことで、大切なことを知ったよね。その時間は無駄じゃない。
再び血生臭い世界へ身を投じなければならないだろうけど……きっと今の王子は、以前よりも強くなってると思うにょ…。
WAO
2008年01月19日 15:51
鏡の国の王の力はかなり弱体化していたんやね……ミラーは見捨てられ、捜索もして貰えなかったとは…マーティが彼を助けてくれなかったら、どうなってたんやろ?これから鏡の国に帰還しても、敵だらけと言う訳やね。国王も亡き後の国に帰ってどうする?問題だらけやね…
Rain
2008年01月19日 19:27
愛戦士桜★もう出番お終い(笑)これからは、こんな風に超贅沢にワンシーンごとに後輩を使って捨ててゆきます(笑)そうだね。すべてはあの時にはじまっていた…のかも…。ふたりの王子がどんな運命を辿る…のか、最後までどうぞおつきあい下さいませ!
Rain
2008年01月19日 19:31
チビにゃん★そうだよね。最初はたよりない兵士だったのに…。ミラーの失踪?はさまざまなことに影響をおよぼしたのよね。それがこの先、いろんな形で出てきます。でもそれがはっきりとわかるような表現・形にはしてないの。
なんとなーく、「あれ?」って感じてもらえればいいかな~なんて(笑)とにかく読んでみて。
一緒についてきてね~♪
Rain
2008年01月19日 19:34
WAO★そうなんだよ。そこがミラーの運の強さなんだよね。でも果たしてそれは運だけなのか?ってことかな(笑)一応、この物語、私の中では決着つきました。この先、みんなの反応がすごく楽しみでもあり、怖くもありです(笑)

この記事へのトラックバック