スシ王子!NYへ、Rainミラノ1へ行く~!

Gyo!4月19日(土)仏滅『銀幕版 スシ王子!~NYへ行く!~』全国公開だZe!

昨日、新宿ミラノ1へ観に行ってまいりました。

画像


はい。そうです。『銀幕版 スシ王子』出演者舞台挨拶付上映会に行ってきました。
それもこれも、全て「ここぞというときに強運を発揮!」してくれた、お友達のおかげです。

ありがとうございますーーー

なお、そのお友達さんの記事はこちらです

スシ王子!ミラノに行く…に帯同しました。」について

とっても簡潔(光一さんはオ〇ツ好き?)に、だけどポイントは押さえてある、素敵なレポになっています。まずはこちらを見ていただくことをお薦めします。


私とお友達は13時の回に参加してまいりました。開演時間の30分ほど前に映画館に向かうと、すでに長蛇の入場列。映画館がどこなのかもわからないまま(実は迷い猫&ねずみになっていた…)、とりあえず、その列に並ぼうとしたところ……そこに見覚えのあるふたりのお嬢さんの後ろ姿が……。

それは…去る2月22日(金)『Endless SHOCK』夜の部を一緒に観劇し(あ、その日もお友達さんが誘ってくださったんだ…オイラ恩恵にあずかりっぱなしやな…)さらに一緒に劇場内に閉じ込められた、お嬢さん方でした。

そういえば…あの夜、四人で誓ったっけ……。

次は『銀幕版 スシ王子!』の初日舞台挨拶で逢おうね! 」

それが叶ってしまいました!しかもこの人混みの中、待ち合わせも何にもしていないのに、めぐり逢ってしまったなんて……これぞまさにKinKi Magic

そんなこんなで四人一緒に並び、『勝手にスシ王子祭』を急遽開催(笑)、お約束のネイルアートを立ったまま施し、私の携帯に収められた「No more」PVを見ながら、開場を待ちました。

画像



映画館に入り、グッズをチェック。でも販売は上映後なので3チケット半券キャペーン台紙だけいただいて、劇場内へ。劇場に入るための階段がやたらとキラキラしていて、四人同時に「SHOCKみたい~(笑)」と総ツッコミ。

まだなんとなく会場がざわついているところに、テレ朝の松尾アナウンサーが登場です。

「それでは……みなさん、お待たせいたしました。出演者のみなさまにご登場いただきましょう!」

その声に北大路欣也さん、石原さとみさん、中丸雄一くん、釈由美子さん、伊原剛志さん、堤幸彦監督がステージに並び……

「堂本光一さんです!」

の声で、やっと我らがスシ王子!堂本光一さんが登場……

ギャーーー!!!!

会場、割れんばかりの歓声です。

黒スーツ姿の光一さん、最後に登場しましたが、ステージ中央、中丸くんの隣に並びました。(中丸くんはこの日、白いジャケットにブルーのチェック柄のシャツ、ブラックデニムの爽やかな出で立ちでした)

まずは光一さんのご挨拶です。マイクをかなりスローな動作で口元に持ってゆきます。

光一「すいません…あの…このマイク、かなり重くて……」
会場爆笑。

光一「えー…と、いうのは嘘で、登場するときに『何か笑いを取れ!』と、石原さんから指示がありましたので、やらせていただきました(笑)」
Gyo!?な表情の石原さんでしたが、この後も、出演者のみなさんに、イジられ続けていました。

光一「えー…本日はお日柄もよく…」
会場爆笑。(だって、今日は仏滅だもん)

光一「あの…こんなにたくさん来ていただきまして、ありがとうございます…」
と、簡単にゆるゆるとご挨拶。で、まぁその時に少々、噛みまして(笑)、

光一今のは笑うところではない! ……ま、いっか(笑)」
ふっと、あの極上の照れ笑いを見せてくれました。そしてマイクを中丸くんに…

中丸「あー…えーっと…」
中丸くん、まだ何も話していないのに会場内から、くすくす…と笑いがもれます。

光一「…中丸、ちょっといいか?」
中丸「はい!」
光一「俺は笑いを取った。だが、お前は笑われている」
中丸「あっ!えっ!?そうっすよね?笑われていますよね?」
光一「うん、でも、いいぞ。そういうの(笑)」

その後、中丸くん、一生懸命演じたというシーンを説明してくれました。だけど出来上がりの映像を見たら、自分の顔があまりにもブサイクなので、がっかりしたそうです。

光一「あっ!お前、そういうこと言うなよ!ここにいる人はこれから観るんだぞ?もう、そのシーンは「うわーブサイクやなー」って眼でしか見ないぞ?」
中丸「あぁぁぁぁっ!?そうですよねー!?しまったぁぁぁぁ!」

光一さん10都市、中丸くん8都市をキャンペーンしたという話に…。
松尾アナ「何か思い出はありますか?美味しいものを食べたとか?」
中丸「あ、ぼく食べました」
松尾アナ「例えば?」
中丸「お寿司」
光一「スシ!?お前、寿司食ったの?」
中丸「長野だったかなぁ?ベイイカっていう…」
光一「ベイカ?」
中丸「ベ・イ・イ・カ」
光一「ベイカ…?ベイカー?」
と、なぜか、巻き舌、語尾あがりの英語発音で。会場またもや爆笑です。
このコンビ、作品そのまんまの兄貴と舎弟な雰囲気で良かったです~♪

そして大御所、北大路欣也さんに、
北大路さん「ふたりとも(光一さん、中丸くん)、とってもチャーミングで…」
と、言われると、恐縮する中丸くんに対し、満面の笑みでうんうんとうなずく光一さん。これがまたおかしいけど、でら可愛い~

北大路さん「ほんとに撮影はハードで、光一くんはこれをどう乗り切っているのかなーと思って見ていたら、空いた時間はほとんどこうやって寝ているんですよね。切り替えが見事なんですよね」
ここでは真摯な光一さんでした。

光一さんの締めの挨拶です。
光一「とにかく観ていただかなければ、説明のつかない映画です。観た後は、みなさん、まわりに広めて下さい。〇〇〇講のように(笑)」
〇〇〇と本当に丸丸丸と発言されました。そこでも会場爆笑。

13時の回は報道関係者が入っていなかったせいか、光一さんをはじめ、出演者みなさま、終始リラックスムード。和やかで、まったりで、ゆるゆるな舞台挨拶でした。

一緒に「お前なんか!」「よっ!スシ王子!」「握ってやる!」

は、出来ませんでしたが、監督のギャグ、北大路さんのオーラ、伊原さんのボケっぷり(笑)、白いドレスがお似合いの釈さんの美しさ、さとみちゃんの愛らしさ、中丸くんのゆるさ、そして何よりも壇上でニコニコしている光一さんに逢うことができ、とっても素敵な時間を過ごせました。

上映中、観客のほとんどがスシ王子!ファン、光一さんファンとあって、数々のツボシーンで大爆笑、大拍手、まるでフィルムコンサートのようでした。

こういう鑑賞も楽しいな~


この映画はGW、親子で映画館に行ったものの、本命映画が満席だった。
さて、次の上映時間までどうしよう?ふむふむ…スシ王子、空席有り?
まぁ、時間潰しに観てみよう~♪

くらいの軽~い、ゆる~いスタンスで臨むといいような気がします。

でも!

映画館を出る頃には「スシ王子!」にハマり、本命映画は後回し、ドラマ版のDVDを借りにレンタル店へ走ってゆく……に違いない!

「No more」を口ずさみながら。


★お詫び・訂正★

以前、掲載しておりました本文中に堂本光一さんの意思を誤って伝えてしまうような表現がありました。曖昧な記憶のまま書いてしまい、結果、私が最も大切にしたい、光一さんファンの皆様を傷つけてしまいました。大変、申し訳ございませんでした。

4月20日 20:25 文章削除いたしました。誤解を招いたこと、心から堂本光一さんを応援している皆様に不快感を与えたこと、心よりお詫び申し上げます。

以前も同じような過ちを犯したにもかかわらず、再び、このようなことをしてしまったことを反省し、今月いっぱい、ブログ休載させていただきます。

一部マニアで大好評のKin Mini Kids劇場ですが、こちらの再開も5月の連休明けとなりそうです。こちらもあわせて、お詫び申し上げます。

あ、でも…私、元気なので(笑)
もちろんこれからもKinKi Kidsを応援していきます。(こっそりと…)
物語も書きます(マニアしか受けないもの…)
ので、そのときはまた是非、遊びに来て下さい。

いけないときは叱って下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック