【AOZORA】

本州で最も東に位置するこの街。


あまり知られていないでしょうけれど、

毎日リゾート地のような気候なんです。

その証拠に私、自宅でエアコン使ったことありません。

そもそも我が家には相方の映画鑑賞部屋以外、エアコンありませんし……。

扇風機も私ではなく、パソコンがあたっています。

そんなこの街。

今日は本当に気持ちのいい【AOZORA】が広がっています。

さわやかな風も吹いています。

プチ大掃除、洗濯…家事をひと通り終え、

正午の時報とともに一分間の黙とうをし、

最近ハマっているノンアルコールビールを飲んでいます。

さっき、テレビでKinKi KidsのCMを観ました。



あぁ………幸せ………



64回目の終戦記念日に

幸せを感じることができた。

これ以上

何を望むことがあるでしょう?



うらやんでみたりもしたけど
足りないものなど なにもない
どこへでもいける どこまでも
さえぎるものは なにもないから


あたりまえにみえるものほど
ほんとうはだいじなものだと
ひとはだれも わすれてしまう
そのやさしさに きづかないまま



世界中が…なんて大きなことはいいません。

せめて私の周りの人々の小さな幸せが

平和が

ずっとずっと続いてゆきますように。


2009・8・15



タイトルの【AOZORA】はKinKi Kidsのアルバム『H』に収録されている曲です。

私の泣き歌 No.1 の曲です。

この記事へのコメント

2009年08月15日 18:10
Rainさん、こんばんは。
青かった空が、少しずつ燃え始めています。
8月15日は毎年、晴れている気がします。終わった事を祝福しているのかな。
当たり前のものの中に、ほんとうの幸せはある。
ノンアルコールビールを飲める事もそうでしょう。
今日は洗濯物がからりと乾いたから、気持ち良いシーツで寝られますしね。
B.G.M.は『No more』とべただけど『Hey!和』です。願いは大きくていいかな~と。
となりのタマ
2009年08月15日 19:04
昭和20年8月15日晴れてとても暑い日だったそうです。(名古屋)亡き母は15歳。食糧難で豆がすを食べ、お腹をこわし寝ていたら近所の人が戦争が終わったと教えてくれたそうです。修学旅行は伊勢神宮でしたが中止。父は22歳。秩父の山奥に重要書類を運んでたそうです。年頃でいったらJr.の男の子と団扇やペンライトを降りキャーキャーしてる女の子。今も昔も精一杯生きてることに変わりない。ただ、今の時代、たくさんある小さな幸せを当たり前のことだと思わないで欲しいな~。今日、福岡でのPeaceful Worldに光一さんはどんな思いをのせるのだろうか
SHINE
2009年08月16日 09:51
終戦記念日は、日中、体を休めていました。
そして、昨日の夜は、「硫黄島からの手紙」をテレビで、初めて見ました。本当は、もっともっと地獄のような戦況だったと思います。涙が止まりませんでした。
今、こうして生かされてあることを感謝したいです。
そして、戦争のない平和な時代がきて欲しい・・・。
Rain
2009年08月16日 11:41
てるひちゃん★青い空の美しさに気付いたのは、ベランダに干したシーツがそよそよと泳いでいたから(笑)
そういえば8/15は晴れて暑い気がする!願いは大きく、行いは小さなことからでいい。まずはじめよう!だね♪
Rain
2009年08月16日 11:45
となりのタマさん★昨日のライブでPeaceful Wrold2009を歌ったのか?My初日まではセットリストスルーなのでわかりませんが…もしあったのならばとても深いものになったことでしょうね。戦争をリアルに語れる人が少なくなってゆきます。でもこれは絶対に次の世代に語り継がなければいけないことだと思っています。
Rain
2009年08月16日 11:49
SHINE★私も昨日は「硫黄島~」とその前には「レッドクリフ2」を観ました。時代や設定は違えどもその根底に流れるテーマは同じでした。あれを若い世代がどう観てどう感じたか興味あります。「戦争ってダサい」「かっこ悪い」そう感じたとしたら…未来はある…と思います。

この記事へのトラックバック