Peace!67

それ以来、姫とは親友としての付き合いが続いていた。


姫はその後の光助の成長を最も近くで見てきた人間といってもいい。

「せっかくだからぁ~一緒に遊ばない?」
「一緒に遊ぶっていってもなぁ……」
竜次は自分たちと違って、ごく普通の男だ。ましてや、ついさっき、ひとつの恋を失ったばかり。こちらのノリについてこられるとは思えない。

「だーいじょーぶさぁ~♪オレ、人見知りしないタイプだって、こぉちゃん、よく知ってるでしょ?」
「いや……そういうことじゃなくて…」
と、その時、店から光助のリクエストした曲が流れてきた。

「わぁーおっ♪誰か誕生日なのかなぁ♪絶対、これ彼氏のリクエストだよね~♪」
「えっ!?何でわかるの?」
「ベッタベタな演出だもん。でもさ~実はみんな、こういう古い手に弱いんだよねー♪」
「古い……」
「ねねね、どんなカップルなのかさ、見に行こうよ!こんな恥ずかしいことする奴の顔と、恥ずかしいことされた奴の顔、拝みたいじゃんっ!」
「…もう拝んでる……」
「……え?」
「古くて恥ずかしい男で悪かったね!」
「……う………うっそぉぉぉぉ!!??」
姫の絶叫を背中に光助は店へ戻った。

『Happy Birthday to you』をリクエストしたのは光助だ。なぜなら今日は竜次の21回目の誕生日だったから。
警察署に提出する書類に彼の筆跡で書かれていたから間違いない。そんな日に友達と喧嘩して、警察に連れて行かれ、そして………恋人と別れた。

こんな悲しいHappy Birthdayがあっていいのか!?良くないだろぉっ!

誰からも「おめでとう」を言ってもらっていない誕生日が竜さんの健全で明るい人生に刻まれていいわけがないだろおっ!

だからせめて、おれが「めでとー♪」って、言おうと思っていたのにぃぃぃ!

あいにく光助がフロアに戻ったところで曲は終わってしまった。時計の針はちょうど0時を指している。結局、ひとりさみしく今日という日が終わる瞬間を迎えさせてしまった。

ごめん、竜さん。どんなにせつなかっただろう。
どんなに心細かっただろう。

でも……もうひとりになんて、させない……?

「光さーんっ!光さーんっ!」
竜次の張りのある声が聞こえてきた。

「おうっ!」
なんだい?ハニー!と、心の中で答えながら声のする方向を見て、
「はうっ!?」
光助は驚いた。

彼のまわりを彫りの深い顔立ちの(早い話が外国人男性)が数人、取り囲んで座っていたからだ。

な、なんだ…あの濃い集団は……?

「光さーんっ!“”ではじまる言葉、すげーの教えてもらった!」

「え?」
まだ彼の中ではしりとりが続いてらしい。

「じゃぁ、みんな、行くよー。イタリア語で乾杯はー?」

ぎゃーーーーーー!!!

それを言っちゃうのかーーーーっ!?

この記事へのコメント

チビにゃん
2009年09月02日 23:05
でも…その言葉…しりとりは終わっちゃうよね(笑)
竜さん、HappyBirthdayだったの。せっかくの誕生日が、散々な日になってしまったんだ
光さんの”もうひとりになんてさせない……”ってのが…ちょっとキャァーなんですけどぉ~(笑)
一人で寂しい思いをしているのかと思いきや、竜さん、エライ濃い集団に囲まれてるようで…
陽気なイタリア人?(笑)
せっかく、竜さんの慰め役を独り占めだと思ったのにねぇ…光さん…。
姫の出番はこれで終わりかのぉ??ん?そんなわけない??
愛戦士桜
2009年09月04日 13:08
姫ちゃんとのエピソードを振り返っている間に
リューちゃんは(笑)
でも どよんから浮上できそうな展開にホッとしたよー♪

りゅーちゃん、誕生日おめでとう☆
Un toast ←なんて発音するの?調べちゃったよ(笑)
Rain
2009年09月04日 19:40
チビにゃん★イタリア語で「乾杯」知ってた~?私は偶然、この情報を仕入れたんだけど「これは使える!」と思ったのよ。男の子ってこういう事をわざと大きな声で言うの好きそうでしょ?どことなく誰かさんたちみたいでしょ~(笑)姫の出演シーン、まだまだ終わらせませんよ~!だって光助の過去を知る重要人物だしね(*^^)v
Rain
2009年09月04日 19:42
愛戦士桜★桜の調べたそっちはね、由緒正しいというか、文法上の言葉かもしれない。日本語で言う本物の「乾杯」ね。竜さんが教えてもらったのはくだけた感じで、日本語で言う「うぃーっす!」みたいなノリ。それにUではじまったら、しりとりになってないやんけ~?…といいつつ、実は竜さんもそれに負けない天然を発揮しているんですよ~(笑)

この記事へのトラックバック