Soldier31 病院イベントでした

あなたのせいではない。

今日は通院している病院のイベント(文化祭的なもの)でした。放射線技師さんに宣伝されたし、お世話になっている美人主治医が乳がん検診の重要性をお話をされるというので。

骨密度を計ったり(骨粗鬆傾向でした・・・)、血管年齢を計ったり(59歳でした・・・)、顕微鏡で赤血球や白血球をのぞいてみたり(こういうこと大好き!)、様々な企業(栄養補助食品や介護用品など)が協賛していたのでサンプル品もたっぷりいただいてきました(笑)

美人主治医の講演も楽しく聴いてきました。
内容は乳がんとはどのようなものか、自己検診のやり方、マンモグラフィーと超音波検査の違いなど、すでに乳がんを宣告されている方ならば知っていることばかりでした。

が!

「日本は欧米諸国に比べると乳がん患者の生存率が低い」
これは驚きでした。検診率が低いせいなのですね。早期発見出来なかったため、がんが進行しているケースが多いのです。

「進行性がん、乳がん・・・・とおっしゃっていましたがステージ2以降はすべて進行がんです」
質問された方がいらっしゃったので、こう答えられました。

「女性は仕事もある、家事もある、介護だってしなきゃならない、今、ここで癌が見つかったら迷惑をかける、大変なことになると・・・と自分のことを後回しにしてしまいがちですが、それは違います。発見が遅れれば遅れるほど自分も家族も大変になります。みなさんよく『ぽっくり逝きたい』とおっしゃいますが、癌が進んでしまったら『ぽっくり』なんて逝けませんよ。乳がんは早期発見が重要。どうか検診を受けてください」
と、締められました。

たくさんの知識をわかりやすく説明してくださいました。
また乳がんになった方(私以外にも聴講されていた方がいたのかもしれない)のためのフォローのひと言もありました。

乳がんになったのは誰のせいでもないのです。もちろんあなたのせいではありません。なにも反省することはありません

時々、考えてしまうのですよ。
今更、考えても仕方のないことだけれど考えてしまうのですよ。
何がいけなかったのだろう?
って。

だから主治医のひと言はうれしかったです。
救われました。


行ってよかった!