上田竜也34歳の顔が好き

KAT-TUN上田竜也さん、34歳のお誕生日おめでとうございます。

画像

今年もこの言葉を口にすることが出来て、とてもうれしいです。

いやいやほんと・・・・・・

年を重ねるたびにいい顔になるよね!

それは上田さんがひとりの人間としてきちんと生きていることの証ですな!

生来の美で勝負できた10代、KAT-TUNとして生きる道を選んだ18歳、デビュー曲がミリオンセールス、新しい時代の新しいアイドル、性別不詳(笑)の妖艶な魅力で人々を魅了していた20代(世阿弥せんせー著「風姿花伝」でいうところの「時分の花」)、この「時分の花」時代の自分に(別にダジャレたわけではない)酔わず奢らず、冷静に自分自身を見つめ、これは「まことの花」ではないことに気付き、余計なもの(例えば長い髪)を削ぎ(剃り)落し、修行僧のごとく日々研鑽を積んできた結果だね。

顔の造作が美しい人はいくらでもいるのよ。いまは作り直すことだって出来るし。
そうじゃないの。私の言う「いい顔」「美しい顔」というのはそういう顔ではなく・・・・・・
その心の在り様の美しさ、気高さ、そういうものが感じられる顔のことなのです。

だから私は美しい人が好き!
だから私は上田竜也の顔が大好きなんです!

さてその上田竜也さん。「ヨーロッパ1300Kmガチンコラーメン屋台」にチャレンジ!

画像画像

現地の食材を使ってラーメンを作り、その売上だけですべての費用を賄い、旅します。いや、してきました。
パートナーは東池袋にて「志奈そば田なか」を営む田中友規さん。上田さんがラーメン屋さんだよ?面白くないわけがないじゃない!こちらは10月9日(月)20:00よりテレビ東京にて放送です。

そしてさらに上田竜也さん初連続ドラマ主演作品『新宿セブン』が10月13日(金)深夜0:12よりテレビ東京にてスタートします。新宿歌舞伎町にある質屋の店主で天才鑑定士の七瀬。歌舞伎町の誰もが認め恐れる歌舞伎町の顔という役柄でございます。幼少期にアジアを放浪、様々な修羅場を潜り抜けてきた男を少年期に事務所に入所、様々な修羅場を潜り抜けてきた男が演じます。新宿での撮影を目撃された一般の方からの「ヤクザみたいな恰好していた」「睨まれた」という情報でもわかるように、その筋の方(笑)っぽいキャラクターなのでしょうね。本人も「チンピラ役を極めたい」と言っておりましたので、またひとつ目指すものに近づいたね!(近づいたのか?)。有言実行の男だわ。
『青い瞳』のサムは物事を斜めに見ているのに物事の本質をとらえているチンピラ、
『視覚探偵 日暮旅人』の亀吉は物事を真正面から見ているのに的が外れてしまうチンピラでしたね。『新宿セブン』の七瀬はどんな風に物事を見てとらえる男なのでしょうか。
またそれを上田竜也さんがどう魅せてくれるのかな。期待するなという方が無理だよね。

某テレビ誌のインタビューでの上田さんの言葉です
「感情をそのまま出してしまうのは子供、中身は尖っていてもそれを表に出さないのが大人

私、こういう方、大好き!
だから上田竜也が大好きなんです!


「上田、好き好き」言うてるだけの記事を最後までお読みいただき誠にありがとうございました。
今年もこの言葉で締めたいと思います。よろしければご唱和ください(笑)

うごく うえだは うつくしい
画像



2017年10月4日 今日も明日も明後日もずっとずっと上田さんと、上田さんを愛する人たちが幸せでありますように

2017.10.04 Rain