上田竜也さん35歳お誕生日おめでとうございます

今年もこうしてお祝いできることが何よりうれしいです。

大きな怪我も病気もなく35歳を迎えられたことおめでとうございます。
そして上田竜也さんが大事にしているKAT-TUNの充電期間満了再活動スタート、東京ドーム公演の成功、全国ツァー実施、おめでとうございます。また上田竜也さんの新しい一面を引き出してくれたタメ旅プラス、Paraviでの毎週配信決定おめでとうございます。

上田さん「美しさ」を毎年更新していますよね。30代に入ってからは「重みのある美しさ」=「内面から滲み出る美しさ」を感じられるようになり、いい生き方をしていることがうかがえます。UNION会見時の「遠足の前みたいにワクワクしている。早くステージに立ちたい!」という上田さんの言葉からこの人はステージに立つために生まれてきたのだろうなと思いました。だから今、幸せ・・・・・・だよね?

あなたが幸せなら私も幸せです。

KAT-TUNは全員そうですが華やかな世界に身を置きながらも「常識」を忘れないし、「品行方正」だから安心してファン出来ますよね。もうこの年になってくるとね、いらんことでハラハラドキドキしたくないのですよ。

アイドルはハラハラドキドキよりワクワクドキドキでしょう!


上田竜也さんにのぞむこと・・・・・・何もないです。上田竜也の思うようにステージに立っていてほしいし、生きてほしいし、生きていてほしいし、この世に存在していてほしい。それだけです。私は上田竜也を信じているので。

信じる君がついた嘘ならそっと心にしまいます。

私にとって上田さんの誕生日は年に一度、こうして声にして「好き」を言える日であり、自分自身の応援スタンスを確認し、見直す日になっています。

上田竜也さんを見初めて18年、本格的に応援し始めて7年、気付けば私も上田ファンとして中堅クラスになっていました。本堕ちした年(2011年)ほどのメラメラと燃え上がるような勢いはないけれど((Д冫、)ないんかい)その火は絶えることなく、穏やかに燃え続けております。
私が今日まで上田竜也ファンKAT-TUNファンを続けて来られたのは、彼の魅力はもちろん、彼らを支えているファンのおかげでもあります。KAT-TUNメンバーそれぞれの充電期間中の頑張りが効いて、新たにファンになる方が多いと聞きます。上田竜也さんをきっかけにジャニーズにハマる方もいらっしゃると聞きます。

お目が高い!(笑)

今がいちばん楽しい時です。いや、もちろんこの後も楽しい時はあります。続きます。
が、たぶんおそらくきっとこの先、様々な壁にぶつかり、葛藤することがあると思います。

心配いりません。ほぼ誰でも通る道です。そういう時期を経て、現在に至っているのです。離れるときはあっという間です。迷いも後悔もありません。迷うのはまだ「好き」だからです。そういうときはちょっとだけ距離を置いてみてください。ほどほどに愛してみてください。そして自分と誰かの応援の仕方(例えばコンサートの回数だとか、番協の当選回数だとか、ファンサだとか)を比べるようなことはしなくていいです。そういうことで悶々としている時間があったら、上田竜也のことを考えて悶々としましょう(←(Д冫、)変態か)

様々なかたちのファンがいることを認めて排除するのではなく共存してゆきましょうよ。
箱推し、オンリー、アンリー、いいじゃないですか。ひとりひとり顔や性格が違うように応援の仕方もそれぞれあるのです。そこで意見を戦わせることがあってもいいと思います。誰かを傷つけたり、傷ついたりしても、そのことに気付いて成長し、人生の糧にできるのであれば大いにおやりなさいと思うわけです。
巻き込まれたくない、嫌な気持ちになりたくない、繊細な方はそこに近づなくていいんです。君子危うきに近寄らずです。この勘を養うと危機管理能力、危険回避術として役立ちます((冫、)知らんけど)
意外とこれが出来なくて自ら近づいて被弾し、悲しい思いをしている人が多いように思います。もったいないです。その貴重な時間をもっと有意義なことに使いましょうよ。

他人に振り回されないでください。振り回されても自分を見失わなければオッケーとしましょう。

幸い、私の周り(TL界隈ともいう)は上田竜也やKAT-TUNへの愛情に満ち溢れ、ファンとして自立したハッピーな方が多く、環境に恵まれています。みなさん、いつもありがとうございます。心から感謝しております。

類は友を呼ぶと申します。そういう環境を自分で作ることも長くファンを続けるコツではないでしょうか。
申し遅れましたが、当方KinKi Kidsファンも20年以上やらせていただいております。そこも実に居心地の良い場所でございます。20年かけてそういう場所を作ってきました。私にとってKinKi Kidsはホーム、実家、日常です。KAT-TUNはアウェイ、外出先、非日常です。どちらも私にとってなくてはならない場所です。

と、ここまでいろいろお話ししてきましたが、すべて自分に言いきかせております。

なんせ今日は上田竜也の誕生日であり、自分の応援スタンスを確認、反省、見直す日でもありますので。
それでもこれが葛藤を抱えていらっしゃる方の爪の先程度でも参考になっていれば幸いです。
そういう必要のない方はこういうファンもいるんだなぁ・・・程度に読み流してくだされば助かります。これからもひっそりこっそりファンやっていきますので何卒お目こぼしください。

上田竜也さん、KAT-TUNのファンであることを公言し、誕生日を胸はって祝えることに今年も感謝です。
上田竜也さんとKAT-TUNと全世界の上田さんファン・KAT-TUNファンに乾杯!
上田竜也をKAT-TUNを応援できる喜びを(よろしかったら)これからも共に分かちあいましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

2018.10.04 Rain

#祝上田竜也35歳 #上田竜也誕生日