ブログペット劇場『俺たちキンキキャッチュー!』(転)

「704号室…おぉ~ここや~」


そんなに広くない部屋にソファーとテーブルがあって、大きなテレビがついていた。
はじめてカラオケ屋に入ったボクは、見るもの全て新鮮、驚きでいっぱいだった。

「まずは乾杯しよかー。奏、どれにするー?」
ドーモっちゃんは曲を入れる前に、ドリンクメニューを広げた。

すごーい!飲み物がいっぱいあるー!うわー、どれも美味しそー!

迷いに迷ったあげく、ボクは優しい味わいのアフロディーテ、ドーモっちゃんはスッキリ爽快なミントリートニックというノンアルコールカクテルとペパロニピザを一枚注文した。

「さーてと。やっぱ1曲目はこれやな」
ドーモっちゃんが曲を入れると…いきなり画面には最新アルバム「Φ」のジャケット写真が出たー!それだけでもテンションあがるのに…かかったのはこの曲だ!

愛のかたまり
うっひょーーーーーっ!東京ドームの映像だーっ!ぎゃー!さっき見てきたばっかりの光一さんと、桜が愛してやまない剛さんが出てきたよー!ボクらは歌うのも忘れて、その映像に魅入った。で、はっと気付いた。ここはカラオケ屋。歌わなきゃぁ、損だろ!

恋涙
合作シリーズ!あ~やっぱりいい曲だぁ~♪泣けちゃうよぉ~。

涙、ひとひら
じゃすけらっ、じゃすけらっ♪ ではじまる曲なんだけど…びっくりした。何の打ち合わせもしていないのに、自然とボクが剛くんのパート、ドーモっちゃんが光一さんのパートを歌い、しかもハモっていた。やっぱり、耳に残るのは、愛しい人の声ってこと?

永遠に
うぉぉぉぉぉ、キター!注文したドリンクも来たー!かんぱーい!

「おっ。タイムリーなん、めっけたで~」
と、ドーモっちゃんが入れたのが…?

In the Cemetery
知る人ぞ、知る『Endless SHOCK』の劇中歌だ。ひゃははは、ドーモっちゃん、ノリノリ~。だって、さっき観てきたばっかりだもんね~

懐かしいシリーズと題して、シンデレラ・クリスマスの可愛い二人にメロメロになりながら、ピザを食べ、ジェット・コースター・ロマンスで、光一さんの歌詞の部分がピンクになっているのを見て大爆笑~♪

情熱
このPV、剛くんがヤバいくらいカッコいいんだよねー♪
「これハモりあるよね?」
「おうっ!まかしとかんかーい!」
踊るKinKi Kidsの映像を前に、彼らほどではないけど、ボクらもそこそこのハモりを聴かせ、歌いきった。
「奏が主旋律をきちんと歌ってくれるから、めっちゃ音とりやすいわー」
「てへへへ、そうぉ?」
「奏って名前は伊達やないな?ほんま鈴みたいな声やもんなー?」
いやいやいやいや、照れるにゃぁ~♪

ファンタスティポ
「ドーモっちゃん、踊れる?」
「うーーーん……忘れた。カウコンの光一さん状態やと思う」
それでも、それなりに歌い踊りきった。

真冬のパンセ
ボクのリクエスト。ボク、ノリノリ~。ドーモっちゃんは…あれれ?ついていくのに必死?
「実はこれ、歌ったことないねん!」

カナシミブルー
ふたりノリノリ~!テンションあがりっぱなしーーーー!イェーイ!

銀色 暗号。
難しい曲らしいけれど…大丈夫かな?
「俺、毎日、れんしゅーしてんでー」
でもドーモっちゃん、その成果はいまいち出てないような気が……?やっぱ難しい?

銀色 暗号 再び!
あぁぁぁ、やっぱ、名曲だよね~これ。今度はちょっとだけ、ハモりもいれて…。
うーん、いー感じー♪

ボクの背中には羽根がある
鬼太郎剛くんと、金髪ホスト光一さんの映像だね。でも名曲。もちろん、ハモったよ♪
決めのポーズも忘れずに♪

そしてこれがラスト、締めの1曲……。

雨のMelody
「いいの?これがラストで?」
「えーんちゃう?王道やんけー」
これもそれなりに(笑)ハモりを決めて、歌いきった!

俺たち、キンキキャッチュー!

いえーい!大満足っ!!!!

そしてボクとドーモっちゃんは外に出た。銀座の街はどこもかしこもキラキラしていた。
でもボクはそれよりもキラキラした舞台を観たし、輝いている人たちを観た。
すごかったなー、あんな世界があるんだなー……。
ボクはお酒も飲んでないのにフワフワとしていた。

足が地につかないって、こういうことをいう…………

!?

「奏っ!?」


「…………」


奏っ!?大丈夫か!? 


「…………」


ボクは一瞬、自分に何が起こったのかわからなかった……。


つづく……

※この物語は一部フィクション、ほぼノンフィクションでお送りしています。

"ブログペット劇場『俺たちキンキキャッチュー!』(転)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント